腰痛の元凶!股関節ストレッチで予防

 

 

股関節ストレッチで股関節周辺をほぐす

股関節は、立つ・歩くといった動作に大きく関わっているが、同じ姿勢で立ったままだったり
座っている状態が長かったり、日常の生活で単調な動作しかしていないと、股関節を動かす
機会はことごとくなくなってしまいます。

 

そうすると、股関節周辺の筋肉もほとんど使われず、カチカチの固まった状態になって
しまいます。そして、そのままカチカチ状態の股関節を何もせずにほっておくと
どうなるでしょう??

 

腰痛の悪化は避けられないよになってしまいますし、立ち姿・歩く姿も一層、老けたような
状況になってしまいます。

 

そのカチカチの股関節を、柔軟かつスムーズに動かせるように変化させていく
効果が高い「股関節ストレッチ」を紹介いたします。
ご自宅でできるものをあげさせていただきますのでご参考にしてください。

 

 

 

1、四股踏みストレッチ

 

 

 

少し、画像は醜いところは勘弁していただきたいです。

 

1つ目のストレッチは「四股踏みストレッチー1」です。
このストレッチは、お膝を内側から後方へ押す事がポイントです。
硬くなりやすい太ももの内側(内転筋)をしっかり伸ばして股関節をほぐしていく。

足を大きく広げつつ、つま先は外側に向けます。
つま先とお膝のお皿部分を同じ方向にする事で、足全体を大きく広げやすくなるので、
そこの部分も意識してみてください。

そして、上体はまっすぐとのばし、骨盤が立っているイメージをもっていただければ、
わかりやすい思います。

 

その状態から上半身を前方へ曲げていく感じで倒していきます。
この時も決して、背中は丸まる事なく背筋をしっかり伸ばした状況で行ってください。

股関節が硬いとお膝の内側に入りがちになりますので、上記のように
肩を入れて、入れている方の手でお膝を内側から後方へぐーーっと押し込むイメージで、
股関節を開けていきましょう。

その開け切った状態を5〜10秒キープして休憩。
これを5回1セットとして行う。反対側も同様に5回1セット行うようにしましょう。

 

 

 

2、股関節伸ばすストレッチ

 

 

2つ目のストレッチは股関節の骨盤の前後バランスを正す効果が高いといわれ
長時間座り仕事を行っている方たちへ行ってほしいいものです。

 

股関節まわりをしなやかにすることで、骨盤の傾きをニュートラルな
状態に整えることで、腰痛が楽になるものです。

 

右脚を前に出して膝を直角に曲げます。
手は右膝の上においても良いですし、腰に手を当てるような状態でも良いです。

このまま、上体は動かすことなく右膝を曲げていくような感じで
左太ももの前面部分が伸びていく感じを体感してもらえれば
腰から太もものかけて付いている腸腰筋がしっかりと伸ばせれて行きます。

この伸びている状態で10秒キープ休憩を少し入れて3回繰り返す。
左足についても同様に行ってみて下さい。

 

🌟      🌟     🌟     🌟     🌟

 

 

今回ご紹介させて頂いた2つの股関節ストレッチを毎日行っていきますと、
腰のだるさが取れ、腰痛の予防効果も期待できるでしょう。

ただし、継続は力なりで続けることが一番困難になってきますので
まずは、30秒ずつで良いです。
続けていくことを意識して下さい。

 

股関節のバランスが整う事で、全身のバランスにも
非常に大きく関わっていきます。
姿勢も必ず、若々しくなってきますので、
まずはしっかりと継続していきましょう!!

 

 

座り続けると痛み出す腰の原因は?

 

ずっと座っていると腰が痛い!!
例えば、机に向かってパソコンをしている状況。
書き仕事をしている状況。
ただ、普通に座って作業しているだけなのに腰が痛んでくる。

 

症状がきつくなってくると、椅子に座っているだけで腰に激痛が走る。
さらに段々と、足がしびれてくる。
すごく増えてきている状態です。

 

そして、病院に通い治療を継続して受けているも改善されない。
医師からは手術を勧められているけど、完全に治るのか
不安なので、手術は避けたい。
このように、ただ腰が痛いだけなのにこんなに不安な毎日を
過ごさないといけないのか?

 

どうして、座っているだけで腰が痛くなってくるのでしょうか?
そのメカニズムを理解できている方は非常に少ないと思います。

 

 

どうして椅子に座っているだけで腰が痛む?

 

 

腰痛のパターンにはいくつもの原因があります。
椅子に座っていても腰が痛い。床にそのまま座っていても腰が痛い。
腰周辺の痛みの原因は筋肉の緊張によるものです。

 

椅子に座っての腰の痛みは腰周辺の筋肉に過度な負担がかかっていることで発生しています。
その負担は病院でレントゲンを撮って見てもはっきりとした原因がわからない。
レントゲンでは、骨や関節が映るだけなので原因は見つかりにくいです。

 

その筋肉に負担というのは、骨格の歪みです。
骨格のバランスが崩れてしまうと筋肉に負担がかかります。
骨盤の上に正しく上体が乗っていないと上記のような
体が横に傾いている状況になってしまいます。
その状況で長時間、椅子に座ってしまうと腰痛が発症してしまいます。

前後左右、均等に体重がかかっていないと常に
どこかが負担かかってしまうので、筋肉がガチガチになってしまいます。
そうなってしまうと、少し椅子を動かしただけで
刺すような痛みを感じ、逆にしばらくじっとしていると
痛くて動かせなくなってしまいます。

 

 

 

このように、少し体に負担があるだけで
痛みは出てきます。
椅子に長時間座っているだけで、痛みを感じやすくなりますし、
立ち上がる際に、少し動いただけでも痛みは感じます。

 

 

 

まとめ

 

 

椅子に座っていると腰が痛いという根本的な原因は
筋肉の緊張・こわばりそして疲労です。
さらにそれを引き起こしているのは、骨格のバランスの悪さ、
日常生活の姿勢の悪さが要因となっています。
これらを改善していく事で、腰痛の再発は防げるようになってきます。

腰痛になりにくい椅子の座り方とは?

 

最近は、生活様式の変化により、職場でのデスクワーク、自宅でもパソコンを
使用するという生活が見受けられるようになりました。

 

つまり、ずっと同じ姿勢で長時間椅子に座っている時間が増加傾向にあります。
ですが、長時間椅子に座る事はすなわち、悪い姿勢で座っているとそれだけ腰にかかる
負担が大きくなり、慢性的な腰痛の原因となります。

 

間違った椅子の座り方には必ず原因があります。
その原因をそのままに放置しておいて、痛みが大きくなってきたので
整形外科やカイロ、治療院と呼ばれるところへ行く。

 

しかし、慢性化してしまっている腰痛は改善するには
時間がかかってしまい、なかなかよくならないというストレスなどにも
及ぼしていきます。

 

そういうストレスを出さない為にも、日常生活での注意点をしっかりと
守るように心がけていきましょう。

 

ここでは、腰痛というリスクを抑えることが出来る様に、
正しい椅子の座り方を理解して、身につけて頂けるように
効果的な座り方・姿勢のポイントを紹介していきます。

 

 

 

腰痛には腸腰筋!

 

人の体は骨格と筋肉で成り立っています。
どんな動作や姿勢をしていても、無意識に筋肉は使っています。
それが、正しい姿勢であればその時に作用する筋肉はしっかりと働き、
腰痛を防止することができます。

 

正しくない姿勢で座っていると、腰痛の原因の筋肉である
「腸腰筋」が緊張してしまい、これが腰痛を引き起こす大きな原因となります。

悪い姿勢で長時間座っていると正常の位置にない骨格が
筋肉や神経を刺激し続け、結果的には無駄なエネルギーを消費すことになり、
腰回りの筋肉も疲労してくるでしょう。

 

その繰り返しで筋肉は脆弱していき、腰への負担が大きくなり
これが慢性的な腰痛へと繋がっていきます。

 

 

 

 

正しい椅子の座り方

 

腰への負担がかかりにくい椅子の座り方は・・・
椅子に座る時は、前かがみでお尻をグッと一番後ろまで下げて
顎を引き、背筋を伸ばす。

 

腰痛対策には骨盤を固定を固定させることが重要になってきます。
骨盤を固定させるには、骨盤と背骨が直角になることです。
つまり、座っている状態の中で股関節部分が90度になっていること、
この状態が必須になってきます。

 

足の裏は踵を含めて全てが地面についている状態であること。
背筋は伸ばしているものの、この状態がリラックスした状態となります。

 

 

 

 

 

普段から腰痛がある方などは、椅子の座り方に十分気をつけて
正しい座り方を習慣づけることが腰痛予防には最適です。

車の運転中に腰が痛くなってくるのはなぜ?

 

寝屋川市で腰痛に悩まれている方はたくさんおられます。

その腰痛のパターン、治療方法も何通りもあります。

 

その腰痛パターンの1つ=運転中の姿勢です。

皆さま、正しい姿勢で運転していますか?

車の運転は安全で楽しく行いたいものですよね。

しかし、この車の運転中に腰が痛くなることは経験あると思います。

 

この運転中の腰痛

何が原因だと思いますか??

 

そうです。

 

姿勢が原因です!

 

運転中の正しい姿勢はこうです。

皆さんも一度は教習所でしっかりと自分の姿勢をまっすぐにして

運転の前のチェックはされていたと思います。

それが運転経験が経過していくと

男性と女性の運転姿勢に特徴が出てきます。

 

まず男性!

(画像は女性ですが)

 

特に多いのがこの姿勢。

ハンドルを右手だけで握り、

左腕は肘掛に肘をつけているために腰の部分から左に体が傾いている。

背もたれ部分も斜めに倒している。

そのために首が少し前に突き出ている状態。

 

このような姿勢をとっている男性は多いことでしょう。

 

次に女性!

 

前方を意識するあまり前かがみになっている。

猫背状態になるので、両方の方が前方に出てきている。

女性に多いと思われる姿勢です。

 

上記の❷例のように姿勢が悪くなることによって腰が痛くなります。

 

そして、姿勢が悪くなると緊張してしまう筋肉があります。

それが

 

「腸腰筋」

 

という筋肉です。

 

 

腸腰筋は体を支える筋肉でもあるので、

座っている時に力が入っていると、だんだんと腸腰筋に疲労がたまり、

硬くなってくることで腰が痛くなってきます。

 

また、この腸腰筋は骨盤から太ももにかけてついている筋肉なので、

硬く練ってくると腰や足が引っ張られたりして痛みが出てきます。

 

 

腸腰筋を硬くさせない座り方

 

⚪ 股関節90度で両側のお尻へ均等に体重が乗っている姿勢。

⚪ シートの背もたれにきっちりもたれて、腰回りの筋肉に力が入らないようにする。

⚪ 背筋をしっかり伸ばして、ヘッドレストには頭をもたげないようにする。

 

この3点を意識しただけで、姿勢からの腰痛は改善されます。