施術後の体が重だるくなったりするのは?

 

体を治療や施術された時に、次の日などに体が重だるくなったりした事はありませんか?

それは「好転反応」という体の変化です。

ここでは、「好転反応」についてお話をさせていただきますね。

 

 

好転反応とは・・・?

 

 

まず始めに、好転反応についてお話ししていきます。

施術を受けた後に出る、体自体が良い方向に向かっていますよ

っていう反応のことです。

 

体の歪みを整えて、血流が良くなったり

自律神経が整ったりしていくと反応がはっきりと出てきます。

 

この自律神経には2種類の神経から成り立っています。

 

交感神経

交換神経は主に体を動かしているときや、

人の前で話さないといけない場合など、すごく緊張しますよね。

その時は、交感神経がかなり優位になっているのです。

 

 

汗をかくのも同様で、運動すると汗をかきますよね!?

人前でお話をしたりする時も手の平に汗をかいたりしますよね!?

そういう時に交感神経が活動的になっている訳です。

 

副交感神経

 

逆に副交感神経が優位になっている時は、ゆっくり休んでいる時や

眠っていたり、体をリラックスさせている時に副交感神経がかなり優位になります。

 

好転反応時も自律神経の中の副交感神経がかなり優位になっていることで、

行動時の交感神経とのバランスを保つことが出来るのです。

 

 

人は眠っている時に体の変化が起こります。

施術を受けたその日や翌日は体自体がだるくて重かったり、強い眠気がきて

すぐに休みたい状況になってきます。

これが、好転反応なんです。

 

 

血流が良くなって、体全体に酸素が運ばれると眠くなり、

脳が体を休ませよう休ませようとしていきますので、体を回復させようと

しているのです。

ですので、体自体が重だるかったり、凄く眠たかったりは、

「副交感神経」が働き、体自体が人が持っていると言われる自然治癒能力を

高めていきますので、睡眠をしっかりとれた後はスッキリしていることと思います。

 

好転反応はこういうものなんだというのを、理解して下さい。

 

 

好転反応で代謝良くなるかも!!

 

好転反応としましては、少ない状況もあります。

それは、代謝が良くなる事です。

血流が良くなる事は、全身に酸素が行き渡る事なんです。

酸素が巡ると、内臓に関しても動きが良くなります。

 

 

一つの例としましては、腸が活発になり

おトイレにいきたくなる回数が増えてくるかもしれません。

 

 

マッサージを受けたりすると、受けている最中に汗をかいたりしますよね!?

それは、筋肉がほぐれてきて筋肉内の血管に酸素が巡って代謝が良くなる。

 

 

これと同じ原理です。

腸も活性化されると腸内に溜まっている排泄物を出そうとするので、

同じ現象としておトイレに行く回数が増えるかもしれないのです。

 

 

でも、心配しないで下さい。

施術を受けて1〜2日で治りますので、好転反応の一つと

考えて下さい。

 

 

 

 

 

いつもより寝すぎてしまう!!

 

 

これも施術した日の1〜2日はいつもより長く眠ってしまうと思います。

上記でも言いました通り、副交感神経が優位に働き、体自体が回復したがっています。

ですので、そういう時は体の言っていることに耳を傾けていただいて

早く眠る事を心掛けて下さい。

この睡眠に関しても1〜2日ぐらいのことですので、

その時くらいは睡眠時間を削る事なく、しっかり睡眠をとっていただいて、

早く体も心も元気になりましょう。

 

 

まとめ

 

 

以上が好転反応で起こる体の現象です。

知っている事、知らない事、驚いた事もあったと思います。

しかし、この反応が出るという事は、体が良い方向に向かっていると

思っていただいていいです。

健康に向かっているのですから、自信を持って施術を受けて下さい。

 

痛みの強い症状の方は、この好転反応が出やすい傾向にもありますので、

もしその好転反応が強く出てしまっても慌てず、驚く事なく

安静に過ごしていれば大丈夫ですよ!!

Tagged .
診察・ご予約は今すぐご連絡ください。電話番号は072-827-0039です。 ※施術中は電話に出られませんので、留守番電話にお名前・お電話番号を入れてください。 必ず折り返しお電話いたします。